例のアレ的な毒電波っぽいなにか

DB Cache Reloaded Fixを使おうとして見事にはまってしまいました。

エラー内容は次の2つ

Caching can’t be activated. Please chmod 755wp-content/db-cache-reloaded-fix/cache folder

Settings can’t be saved. Please chmod 755 file db-config.ini

まずは2つ目の方ですが、db-config.iniというファイルを作成して wp-content/ 下にアップし、ファイルパーミッションを606にすれば解決します。

問題は一つ目の方なのですが、まず、エラー文のとおりにwp-content/db-cache-reloaded-fix/ に cache フォルダを作ってパーミッションを755にします。

が、エラーは消えません。
所有者を変更すればいいのか?と思ったけどそれもダメ。
プラグインフォルダの中にhtaccess.txtという怪しげな()ファイルがあるので.htaccessとリネームしてアップしてもダメ。

半ば諦めた頃、ドメイン直下の.htaccessを以下のように書き換えたら動きました。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

要するに、全てのphpをCGIモードで動かしただけです。

見事にエラーは消えました。

ただ、このままでは色々と問題があるので、エラーが消えたのを確認したら.htaccessの設定を元に戻して下さい。

たぶんプラグインの中のどれかを指定してCGIモードで動かしてやれば解決するんだと思いますが、どのファイルが関係しているのかきちんと検証していません。
どなたか詳しく検証してくださる方がいましたらぜひ私にも結果を教えて下さい。
お役に立てましたらイイネを押してくださると嬉しいです。

CORESERVERでDB Cache Reloaded Fixを使う への2件のフィードバック

コメントを残す